包茎手術は特にアフターケアーが重要で注意が必要です

クリニックによって異なる包茎手術

包茎手術ってどんなの?

外科手術のひとつとして知られる包茎手術は、病院やクリニックで受けることができます。形成外科や泌尿器科で診察を受けることになり、包皮の状態によって料金やどのような方法での手術になるかが異なってきます。 不明と思われる点については必ず確認することが大切ですし、アフターケアについては注意事項がたくさんあります。腫れや出血などの症状も考えられるため、これらに対してのアフターフォローがしっかりしているかどうかも確認しておきたいところです。

包皮環状切除術 この手術は包茎手術の中ではポピュラーと言われているもので、包皮の間を切り取り縫い合わせるものです。かつては裏スジを切り取ってしまっていたことで感度が下がると言われていたのですが、現在ではこれを残す方法が主流となっています。ただ、包皮の皮を切り取ることによって、見た目がツートンカラーになってしまいがちですから、見た目が気になるという場合は検討することが大切です。

包皮背面切開術 包皮口を背面側から縦に開き、左右それぞれを縫合するというものです。こちらは包皮が十分でない真性包茎に対して行われる場合が多いとされています。こちらの術式に関しては、跡が残りやすいということが言われています。

陰茎根部手術 こちらは陰茎の根元で余った皮を切除して縫合するというものです。別名はバックカット法とも言われているようです。傷跡が陰毛に隠れるような手術方法であるため、目立たないと言われていたわけですが、実際のところはそういうわけではないようです。仮性包茎で皮が多く余っているという場合には向いていませんが、術後の衛生面においては優れているという特徴を持っています。

亀頭直下手術 亀頭のすぐ下の部分の包皮を切り取り、その部分を縫合する手術です。一般的には傷跡が目立ちにくいと言われているのですが、手術時間は長めであり出血もやや多めの傾向があります。その分、医師の技術が問われる部分が大きいとされています。

包茎の手術にはこうしたものがあります。それぞれ特徴があるため、状況に応じてベストなものが選択できるようにしたいものです。専門のクリニックですと、包茎手術の実績数も多く、より安心して治療を受けることができます。 最初にも述べましたが、手術である以上はやはりアフターケアが重要になってきますから、これをしっかりとしてくれるところを選びたいものです。せっかく手術を受けたのに、しっかりケアしてくれなかったらあまり意味が無くなってしまいます。この点は特に注意したいものです。